2006年10月11日

From Jamaica With Reggae

ハセ

たまにはレコード話

3〜4年位前にタイショウから譲ってもらったJustin Hindsの「From Jamaica With Reggae」
ずっと眠っていたこのアルバムを最近ふと聴いてみた
定番スカのCarry Go Bring Comeから始まるも全体的にはロックステディ、アーリーレゲエがメインで、Justin Hindsの枯れた、実に渋い歌声でグイグイ気持ちを持っていかれる一枚

今更ながらタイショウありがとう
見かけたら是非聴いてみて下さい

jastinhinds.jpg

〈side-A〉
Carry Go Bring Come
What Ever You Need
Here I Stand
Do All The Good
You Don't Know
On The Last Day

〈side-B〉
Sinners
Drink Milk
The Little You Have
Hey Mama
Oh What A Feeling
Teach The Youth

Treasure Isle音源だけど、プロデューサーはGay Feetの女性プロデューサーSonia Pottingerになってるので74年以降の発表のような気がします
ちなみにエンジニアはErrol Brown
のちのSonia PottingerとErrol Brownのコンビもイイですね〜

ひゅうひゅうだよ♪


posted by skylarking entertainment at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。